浅草

梅園

梅園

安政(あんせい)元年(1854年) 創業。浅草寺の一院だった梅園院(ばいおんいん)の一隅を借り受け、茶店を開いたのが始まり。当時、梅園院(ばいおんいん)には梅の木が多く、屋号の『梅園』もそのゆかりである。そして、梅園といえば、看板メニューの「あわぜんざい」。文豪・永井荷風(ながいかふう)の名作『踊り子』の一節にも登場したほど、有名なお店です。

続きを見る
舟和

舟和

明治35年(1902年)創業、和菓子の老舗。浅草寿町で、芋問屋を営んでいた創業者小林和助(こばやしわすけ)が、同じく浅草の和菓子職人だった石川定吉(いしかわさだきち)さんと共に、当時は高価で庶民の口に入らなかった煉ようかん(ねりようかん)の代わりに、身近なさつま芋を使い、芋の研究から始まって、蒸し方や、砂糖の量など研鑽(けんさん)し、完成したのが、舟和の代名詞『芋ようかん』。 また、翌明治36年には、モダンな洋銀の器を使用して、角寒天(かくかんてん)、甘煮杏(あんず)、ぎゅうひ、赤えんどう豆を盛り、特製の白蜜、黒蜜のどちらでもお好みにかけて銀製のスプーンで召し上がる『みつ豆』を、舟和が初めて考案。甘味をおさえてあんを寒天でくるんだ「あんこ玉」も人気です。

続きを見る
神谷バー

神谷バー

明治13年(1880年)初代神谷傳兵衛(かみやでんべい)により創業。日本初のバー。名物カクテル「デンキブラン」には120年以上の歴史がある。大正10年(1921年)に建てられた現在のビルは、浅草のランドマーク的存在で、国の登録有形文化財になっている。太宰治(だざいおさむ)の「人間失格」、井伏鱒二(いぶせますじ)の「掛け持ち」短編小説などの作品でも登場。 浅草の下町文化に触れてみたい時に、おすすめの店。

続きを見る
三定

三定

天保(てんぽう)8年(1837年)創業の江戸前天ぷらの老舗。日本最古の天ぷら老舗、天丼発祥のお店。 「一に浅草、二に観音、三に三定の天ぷら」のキャッチフレースで有名な三定。近海で獲れた魚介を胡麻油で揚げ、売り出して以来170年以上に渡り、江戸前天ぷらの伝統を守り続けております。自慢の天ぷらは絶品で、芝エビやイカ、子柱がきっしり入っているのにどんぶりからはみ出すほど大きなかき揚げをのせた『中かき丼』が特に人気で、地方にもファンが多いほど有名。

続きを見る
大黒家

大黒家

明治20年(1887年)創業の老舗天麩羅屋。 創業時は蕎麦屋としてはじまる。現在の本店所在地と同じ伝法院通り(でんぽういんどおり)は、人通りが多く、賑やかで繁盛してはいたものの、忙しい割には儲かりらなかった。だが、天ぷら蕎麦がたくさん出た日には売り上げがよかった為、明治の末に蕎麦屋から天麩羅屋に。蕎麦屋時代の手法を活かして煮詰めた出汁が評判で、上質なごま油100%で揚がった4尾の海老が丼ぶりから飛び出す『海老天丼』は店の看板メニュー。木造一軒家の店内には、タイルが敷かれており、レトロモダンな空間。

続きを見る
ふじ屋

ふじ屋

昭和21年(1946)年、浅草で創業のてぬぐい専門店。代々受け継がれた製法で、一つひとつの手ぬぐいを丁寧に作り上げる。四季折々の絵柄や昔から伝わる伝統の模様など、たくさんの種類の手ぬぐいが店頭に並ぶ。木綿の染物ならではの使い心地のよさも魅力で、使えば使うほどやわらかくなり、吸湿性もよくなります。汗をぬぐうだけでなく、額に入れて楽しんだり、小物を作るための布として使ったりと用途もさまざま。最近ではラッピングとしても利用され、粋な贈り物として喜ばれる。国内外へのお土産にも最適。

続きを見る
雷門

雷門

門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの浅草寺の山門。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。正式の名称は、風神雷神門(ふうじんらいじんもん)。提灯には風雷神門(ふうらいじんもん)と略されてある。天慶(てんぎょう)5年(942)平公雅(たいらのきんまさ)によって創建され、その初めは駒形付近にあった。鎌倉時代以降現在地に移築された際、風神・雷神が初めて奉安されたといわれる。当初は、伽藍守護(がらしゅご)のために、風水害または火災からの除難を目的としてこの二神がまつられたもので、一種の護法善神(ごほうぜんしん)と見るべきものであったが、さらには、風雨順時(ふううじゅんじ)の天下泰平、五穀豊穣(ごこくほうじょう)の祈願もこめられるようになったものと推測される。現在の門は、慶応(けいおう)元年(1865)12月12日の田原町大火で炎上した門に替わり、昭和35年(1960)、95年ぶりに松下電器創始者松下幸之助氏のご寄進により、復興再建され、浅草寺の総門として威容を誇っている。

続きを見る
仲見世

仲見世

雷門から宝蔵門まで続く約250mの浅草寺の表参道。日本で一番古い商店街と言われています。徳川家康が江戸幕府を開くと、それまで、関東の一城下町だった江戸の人口は急激に増えました。それに伴い浅草寺への参詣客も一層の賑わいを見せるようになりました。幕府は浅草寺近隣の人々に境内の掃除などの雑務を行わせることと引き換えに、境内や参道上に出店営業の特権が与えました。これが仲見世の始まりと言われています。江戸時代には、伝法院(でんぽういん)から仁王門(におうもん)寄りの店を役店(やくだな)と呼び、20件の水茶屋(みずぢゃや)が並び、雷門寄りは平店(ひらみせ)と呼び、玩具、菓子、みやげ品などを売っており、次第に店も増え日本でも一番形の整った門前町へ発展していきました。明治維新後、時の政府は仲見世にあった店をすべて撤去。それまで仲見世を牛耳っていた商人たちから一切の特権を取り上げ、全く新しい煉瓦づくりの建物に作り替えました。赤煉瓦の建物は大正12年の関東大震災で崩壊しましたが、その後地元の人たちの努力によって復興。鉄筋コンクリートづくりのいまの仲見世ができたのです。現在の仲見世には、お土産屋、おもちゃ屋、工芸品店、和装小物店、和傘洋傘、カメラ写真など、東側に54店、西側に35店、合計89店の店舗があります。

続きを見る
宝蔵門(仁王門)

宝蔵門(仁王門)

天慶5年(942)武蔵守(むさしのかみ)、平公雅(たいらのきんまさ)が建立したとされる旧仁王門の再建で、1964年に大谷米太郎(おおたによねたろう)氏から寄進されたのが宝蔵門である。 門の左右に金剛力士(仁王)像を安置することからかつては「仁王門」と呼ばれていたが、昭和の再建後は宝蔵門と称している。その名の通り、門の上層は文化財の収蔵庫となっていて、国宝の法華経(ほけきょう)と重要文化財の「元板大蔵経(げんばんだいぞうきょう)」「元版一切経(げんばんいっさいきょう)」や寺宝が収蔵されている。 2体の金剛力士像のうち、向かって左(西)の阿形(あぎょう)像は仏師・錦戸新観(にしきどしんかん)、右(東)の吽形(うんぎょう)像は木彫家・村岡久作(むらおかきゅうさく)の作である。阿形像のモデルは力士の北の湖(きたのうみ)、吽形像のモデルは明武谷(みょうぶだに)と言われている。門の背面左右には、魔除けの意味をもつ巨大なわらじが吊り下げられている。これは、前述の村岡久作(むらおかきゅうさく)が山形県村山市出身である縁から、同市の奉賛会により製作奉納されているもので、わら2,500kgを使用している。また、中央の提灯は「小舟町(こぶなちょう)」と書かれている通り、日本橋小舟町の人たちによる寄進であり、両脇にある鉄製の提灯型のさげ物も同様である。

続きを見る
浅草寺

浅草寺

西暦628年起源。東京都内最古の寺。山号(さんごう)は金龍山(きんりゅうざん)。ご本尊は、多くの仏さまの中で最も慈悲深い 聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)で、ご示現(じげん)から今日までの間、1400年にわたって人々を救ってきたとされている。元は天台宗(てんだいしゅう)に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗(しょうかんのんしゅう)の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。1945年の東京大空襲の被害で二天門と伝法院などを残して炎上してしまったが、本堂や五重塔(ごじゅうのとう)などは戦後に再建され、現在に至る。大提灯(おおちょうちん)で有名な総門、雷門も1960年に松下幸之助の寄進によって、鉄筋コンクリートで再建されたものだ。参道の仲見世には、名物の雷おこしや揚げ饅頭、人形焼きなどを売る店が軒を並べる。年間およそ3000万人が参詣する、庶民に愛される寺院。

続きを見る