浅草

旧五重塔跡's image0 旧五重塔跡's image1 旧五重塔跡's image2

旧五重塔跡

江戸四塔(えどしとう)(浅草寺・寛永寺・増上寺・天王寺)と言われていた五重塔跡。現在、五重塔は、境内の西側に建立されているが、かつてはその反対側に位置していた。現在は、「旧五重塔跡(きゅうごじゅうのとうあと)」と記された石碑が跡地に建っている。浅草寺の五重塔は、天慶(てんぎょう)5年(942)平公雅(たいらのきんまさ)による創建以後、いく度か炎上するもその都度再建されている。昭和20年(1945)3月10日の東京大空襲により惜しくも焼失した国宝旧五重塔(高さ33メートル)は、江戸時代の慶安(けいあん)元年(1648)、第三代将軍徳川家光により建立され、かつては歌川広重(うたがわひろしげ)・歌川国芳(くによし)などの浮世絵の格好の画題としても全国に知られていた。

郵便番号 1110032
住所 東京都台東区浅草2-3-1
電話番号 03-3842-0181