浅草

雷門's image0 雷門's image1 雷門's image2

雷門

門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの浅草寺の山門。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。正式の名称は、風神雷神門(ふうじんらいじんもん)。提灯には風雷神門(ふうらいじんもん)と略されてある。天慶(てんぎょう)5年(942)平公雅(たいらのきんまさ)によって創建され、その初めは駒形付近にあった。鎌倉時代以降現在地に移築された際、風神・雷神が初めて奉安されたといわれる。当初は、伽藍守護(がらしゅご)のために、風水害または火災からの除難を目的としてこの二神がまつられたもので、一種の護法善神(ごほうぜんしん)と見るべきものであったが、さらには、風雨順時(ふううじゅんじ)の天下泰平、五穀豊穣(ごこくほうじょう)の祈願もこめられるようになったものと推測される。現在の門は、慶応(けいおう)元年(1865)12月12日の田原町大火で炎上した門に替わり、昭和35年(1960)、95年ぶりに松下電器創始者松下幸之助氏のご寄進により、復興再建され、浅草寺の総門として威容を誇っている。

郵便番号 1110032
住所 東京都台東区浅草2-3-1
電話番号 03-3842-0181