浅草

仲見世's image0 仲見世's image1 仲見世's image2

仲見世

雷門から宝蔵門まで続く約250mの浅草寺の表参道。日本で一番古い商店街と言われています。徳川家康が江戸幕府を開くと、それまで、関東の一城下町だった江戸の人口は急激に増えました。それに伴い浅草寺への参詣客も一層の賑わいを見せるようになりました。幕府は浅草寺近隣の人々に境内の掃除などの雑務を行わせることと引き換えに、境内や参道上に出店営業の特権が与えました。これが仲見世の始まりと言われています。江戸時代には、伝法院(でんぽういん)から仁王門(におうもん)寄りの店を役店(やくだな)と呼び、20件の水茶屋(みずぢゃや)が並び、雷門寄りは平店(ひらみせ)と呼び、玩具、菓子、みやげ品などを売っており、次第に店も増え日本でも一番形の整った門前町へ発展していきました。明治維新後、時の政府は仲見世にあった店をすべて撤去。それまで仲見世を牛耳っていた商人たちから一切の特権を取り上げ、全く新しい煉瓦づくりの建物に作り替えました。赤煉瓦の建物は大正12年の関東大震災で崩壊しましたが、その後地元の人たちの努力によって復興。鉄筋コンクリートづくりのいまの仲見世ができたのです。現在の仲見世には、お土産屋、おもちゃ屋、工芸品店、和装小物店、和傘洋傘、カメラ写真など、東側に54店、西側に35店、合計89店の店舗があります。

郵便番号 1110032
住所 東京都台東区浅草2-3-1 仲見世商店街内
電話番号 03-3842-0181