日本橋

日本橋's image0 日本橋's image1 日本橋's image2 日本橋's image3 日本橋's image4 日本橋's image5

日本橋

慶長8年(1603年)、江戸幕府 開府(かいふ)と同時に完成。翌年、東海道をはじめとする五街道の起点に定められ、重要な水路であった日本橋川と交差する点として江戸経済の中心となった。橋詰(はじづめ)には、高札場(こうさつば)があり、魚河岸(うおがし)があったことでも有名。現在の日本橋は、第20代目にあたり明治44年(1911年)に建造。橋長は27間(およそ49m)、幅員は15間(およそ27m)のルネッサンス式石造石拱橋(せいぞうせっこうきょう)。橋銘(きょうめい)は第15代将軍徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)の筆によるもので、青銅の照明灯装飾品の麒麟(キリン)は東京市の繁栄を、獅子(シシ)は守護を表す。昭和42年(1967年) 都電の廃止に伴い、都電の照明灯で架線の支柱だった道路元標(どうろげんぴょう)は 撤去され、昭和47年(1972年)、橋の中央に、プレート状の日本国道路元標が埋め込まれた。プレートの文字は、当時の総理大臣 佐藤栄作(さとう えいさく)の筆によるもの。

郵便番号 1030022
住所 東京都中央区日本橋室町1-1