浅草

宝蔵門(仁王門)'s image0 宝蔵門(仁王門)'s image1 宝蔵門(仁王門)'s image2 宝蔵門(仁王門)'s image3

宝蔵門(仁王門)

天慶5年(942)武蔵守(むさしのかみ)、平公雅(たいらのきんまさ)が建立したとされる旧仁王門の再建で、1964年に大谷米太郎(おおたによねたろう)氏から寄進されたのが宝蔵門である。 門の左右に金剛力士(仁王)像を安置することからかつては「仁王門」と呼ばれていたが、昭和の再建後は宝蔵門と称している。その名の通り、門の上層は文化財の収蔵庫となっていて、国宝の法華経(ほけきょう)と重要文化財の「元板大蔵経(げんばんだいぞうきょう)」「元版一切経(げんばんいっさいきょう)」や寺宝が収蔵されている。 2体の金剛力士像のうち、向かって左(西)の阿形(あぎょう)像は仏師・錦戸新観(にしきどしんかん)、右(東)の吽形(うんぎょう)像は木彫家・村岡久作(むらおかきゅうさく)の作である。阿形像のモデルは力士の北の湖(きたのうみ)、吽形像のモデルは明武谷(みょうぶだに)と言われている。門の背面左右には、魔除けの意味をもつ巨大なわらじが吊り下げられている。これは、前述の村岡久作(むらおかきゅうさく)が山形県村山市出身である縁から、同市の奉賛会により製作奉納されているもので、わら2,500kgを使用している。また、中央の提灯は「小舟町(こぶなちょう)」と書かれている通り、日本橋小舟町の人たちによる寄進であり、両脇にある鉄製の提灯型のさげ物も同様である。

郵便番号 1110032
住所 東京都台東区浅草2-3-2
電話番号 03-3842-0181