銀座

かりんとう たちばな

かりんとう たちばな

こちらは銀座8丁目。この細々とした路地にひっそりあるのが「かりんとう たちばな」です。東京かりんとう御三家の1つとしてマニアには定番の一品(ひとしな)。お店はこじんまりとしていて、間口も店内も狭いため、先客がいる場合は外で待つのがルールです。砂糖蜜の衣がかかったツヤツヤのかりんとうは、ここでしか手に入らない超逸品。扱っているのは、細く味が染み込んだ「さえだ」と、かりんとう生地の素朴な風味が感じられる太い「ころ」の2種類のみ。上質な材料で丁寧に作られたシンプルな美味しさをぜひご賞味ください。

続きを見る
銀座 小十

銀座 小十

世界無形文化遺産にも登録された、和食を楽しみたいのならぜひこちらへ。ミシュランで星を獲得した和食の「銀座 小十(こじゅう)」です。並木通り沿いのビル4階、エレベーターを開けると、そこにはビルの中とは思えない広々と落ち着いた空間が。現代風のしゃれた内装、とにかく清潔感の溢れる店内へ入ると、上質な非日常空間へ引き込まれます。綺麗に磨かれた檜板のカウンターに座れば、店主・奥田氏の華麗な包丁さばきが目の前で繰り広げられます。その時その時が一番美味しい、四季折々の食材を使ったお料理は、器の盛り付けが上品で美しく、目でも舌でも香りでも・・・日常を忘れ、五感すべてで堪能することができます。メニューは昼・夜コースのみ。日本を代表する名店の味をお楽しみください。

続きを見る
七丁目京星

七丁目京星

お店の名前は”七丁目”ですが、実際は5丁目にあるのがここ「七丁目京星 (ななちょうめきょうぼし)」。ミシュランで星を獲得した天ぷら屋さんです。ここは天ぷらを塩で食べることをはじめて考案したお店とも言われており、天つゆではなく自家製のお塩でいただきます。店内はとっても明るく、板前さんたちを囲む形のカウンターは清潔そのもの。揚げる直前に食材をさばく調理風景を眺めながら、天ぷらを楽しむことができます。揚げ方が一つ一つ異なる天ぷらは、一口大と小ぶりで、卵を使わないさっぱりとした薄い衣が特徴。それをごま油を使わない揚げ油でさらっと揚げると、食材の甘みがぐっと際立つ美味しい天ぷらに。箸休めの大根おろしを食べながら、食材のおいしさを最大限に活かした天ぷらをお楽しみください。

続きを見る
銀座おかもと

銀座おかもと

平成24年(2012年) 7月に銀座8丁目にオープン。その5ヶ月後にミシュランの2つ星を獲得した、懐石料理の「銀座おかもと」。京都や東京のミシュラン取得の高級料理店で料理長まで登りつめた和の匠・岡本英嗣(おかもと えいじ)氏のお店です。木の香り漂う完全オープンキッチンは、カウンターと厨房がフラットになっているため、一流料理人の手さばきを間近で見ることができます。旬の厳選食材を使用し、素材の取り扱い方・生かし方、組み合わせやタイミングの妙、そのすべてを寸分の狂いもなく最高の調理法で生み出される料理の数々。美味しい料理をただ堪能するだけでなく、料理が作られるその過程も見て楽しめる、「銀座おかもと」。完全予約制のため、お電話にてご予約の上、日本料理界・最高峰の名店のお味をお楽しみください。

続きを見る
銀座とよだ

銀座とよだ

並木通り沿い、ルイ・ヴィトンの向かい側のビル2階にあるのが「銀座とよだ」。ミシュラン星取得の割烹料理のお店です。京都の数奇屋大工の第一人者”中村外二(なかむらそとじ)工務店”が手がけた店内は、白木の香りと数寄屋造りにこだわった上質な空間が広がります。『毎日市場に行き、その時の美味いもんを仕入れ、お客様に「美味い」と言ってもらいたい。』料理長のそんな思いから作られる料理の数々は、甘みや塩気、酸味などのメリハリがつけられ、こだわりの出汁は季節ごとの素材の旨みを引き出します。食材の持つ繊細な表情を見極め、旬を最大限に生かす。季節感を大切にした丁寧な手仕事をぜひその目、その舌でご堪能ください。

続きを見る
すきやばし次郎本店

すきやばし次郎本店

8年連続、ミシュラン3つ星を獲得し続ける、銀座の高級すし店「すきやばし次郎本店」。ここはオバマ大統領が安倍首相と訪れたお店としても有名です。店主の小野二郎氏 (おの じろう) は、ミシュラン3つ星を獲得した最高齢料理人としてギネスブックに認定されている、大正14年(1925年)生まれの現役のすし職人。近年は、二郎氏の長男・小野禎一氏(おのよしかず)がカウンターに立つことも多いようですが、店主の手さばきもまだまだ健在。築地で仕入れた四季折々の旬の魚で握られる鮨は、口に入れた瞬間にほろりとほどけ、シャリとネタの香りと味が口中に広がります。メニューはおまかせのコースのみ。その日、最もいいネタを仕入れ提供してくれる「すきやばし次郎本店」。日本最高峰の鮨をぜひ一度お召し上がりください。

続きを見る
鮨 よしたけ

鮨 よしたけ

銀座8丁目の裏通りに立つビルの3階にあるのが全11席の小さな寿司屋「鮨 よしたけ」です。平成22年 (2010年)に銀座に出店、ミシュランの3つ星を獲得している気鋭の名店。店主・吉武正博氏 (よしたけまさひろ) がこだわるのは、「ネタ・鮨飯・わさびが一体となる鮨」。築地を始め、唐津・萩・静岡等から直送された魚にひと仕事施し、羽釜で炊き上げた、モチモチ・ツヤツヤのお米に江戸時代から受け継がれた赤酢を進化させたこだわりの酢をブレンド。やや甘みのあるお店独自の鮨飯は癖になる味わいです。天然本マグロの大トロや、粒が大きく新鮮な紫雲丹 (ムラサキウニ) ・・・など、銀座の和空間で極上の握りが味わえます。

続きを見る
清水薬局

清水薬局

大正13年(1924年)創業の「清水薬局」。ここは処方箋を出してくれる普通の薬局でもありますが、店内にはあのオレンジ色の象で有名な佐藤製薬のキャラクター”サトちゃん”グッズがずらり!佐藤製薬の全医薬品を取り揃え、購入金額に応じて”サトちゃん”グッズがもらえます。また、店内の”サトちゃんミュージアム”は日本一サトちゃんのグッズが集まると言われ、サトちゃんスーツケースといったかなりレアなものから、最新のグッズまで豪華に展示されています。こちらのミュージアムは見学自由、ファンでなくとも可愛いサトちゃんがいっぱいでたまりません!残念ながらグッズのみの販売は行っていないので、欲しい場合はお薬をご購入ください。

続きを見る
金座GINZA

金座GINZA

創業明治20年(1887) 、徳川時代より暖簾をまもる金箔の老舗「金座GINZA」。銀座の御用商であった太田屋金箔に起源を発する金箔・金粉の専門店です。現在では、全国の国宝修復にも使われる金箔金粉を製造するかたわら、気品漂う工芸品・蒔絵ジュエリー・金箔打ち紙を使ったあぶら取紙・金屏風など、企画商品を製造・販売しています。中でも注目は”ぱっきん箸”。割り箸の内側に金箔が施されたお箸で、召し上がるお料理の上で箸を割ると、純金箔がふわりと舞い豪華な彩りとともに料理に”箔(ハク)”がつきますよ。慶びの席に、お土産などに、華やいだ雅(みやび)の時をぜひお楽しみください。

続きを見る
銀座たくみ

銀座たくみ

ラグジュアリーブランドのショップやデパートなど中央通りの喧騒に疲れたら、外堀通り沿いの「銀座たくみ」で気分を変えてみませんか?昭和8年(1933年)、陶磁器専門店として出発した「銀座たくみ」。以来、日本や海外の民芸品を販売、そして展示を行う”伝統工芸博物館”の側面も持っています。店内には、陶磁器、漆器、織物、鉄器、玩具など日本や世界の民芸品がたくさん!!! 見ているだけでもワクワクします。月に数回行われる、「民芸の作家と職人の仕事展」「世界の民藝展」など、テーマを決めての展示会も国内外から人気の様子。世界の民芸品や手仕事の品々を育て広める「銀座たくみ」。選び抜かれた品々を通じて、職人たちの手仕事を感じてみてください。

続きを見る